伝統技術が織り成す、最上質な美しさ

KASHOEN-MADE
IN KUMANO JAPAN

 江戸時代から筆の産地として有名な広島は熊野町。

この地で130年もの歳月に磨かれた伝統技術と職人たちの情熱が息づく、華祥苑の化粧筆。

その一本が誕生するまでに、50もの工程を経ています。独自の基準で厳選した極上の毛のみを使用し、仕上げまでのすべてを一貫して手作業で入念におこないます。

出来上がった筆は一定の品質を保つために、社長自らが検品を実施。

ものづくりに一切の妥協も許さない徹底した姿勢は、1883年(明治16年)に創業者"高本庄蔵"による筆づくりが始まって以来、変わることなく受け継がれてきました。

それは熊野ではじめて筆の海外輸出を実現し、今日の化粧筆の礎を確立したことでも裏付けられます。

つねに伝統技術を継承しつつ、オリジナリティを発揮することで日本の筆の新たな歴史を拓いてきました。

「本当に価値あるものをお届けしたい」。

いつの時代もこの想いを実現するために、精一杯の努力を重ねつづけてきた華祥苑。

これからも日本の伝統技術が生み出す気品と美しさを追求し、ひとりでも多くの方を感動の世界へと導くことを目指していきます。

化粧筆のファーストクラスへ

CRAFTSMANSHIP

華祥苑が作品を作る時は、パーフェクトである事を心がけます。

それが見る人に信頼感を与えるからです。

厳選された最上質な毛質

HIGH CLASS HAIR

華祥苑では入念な選定過程を経て採用された最高の毛質が用いられます。その後それぞれの毛は熟練職人の手により3つの毛質等級に分けられます。

 

・SSクラス

華祥苑のいかなる基準をも優越した現存する中では最高峰の等級。

 

・Sクラス

1世紀以上の歴史を誇る華祥苑独自の卓越した自社基準をクリアした毛に選定される等級。

 

・Aクラス

一般的に流通する高級ブラシに採用される等級。

 

宝石のような輝きを放つボディー

HIGH GLOSS BODY

華祥苑の化粧筆のボディーには熟練職人の手により一本一本、何度も何度も丁寧に塗り重ねられた美しい塗装が施されております。さらに最上面にはクリアコーティングが施され永年にわたり輝き続けることから「宝石のような輝き」と称されています。

24金リアルゴールドの輝き

24K GOLD FERRULE

華祥苑の化粧筆では全てシリーズにおいてボディー金色の部分には美しく輝く24Kリアルゴールドを用いた装飾電着塗装が施されております。一流の品に相応しい気品ある雰囲気を醸し出しています。

​©2016 KASHOEN 1883 all rights reserved.​  

0